トレーナーの役目とは?

「蛇の道は蛇に聞け!」と言う諺があります。

野球・バスケットボール・テニス・ハンドボール・トランポリン等、クラブ活動を含め世の中には、様々なスポーツがあります。

専属や専門のトレーナは、そのスポーツの経験者が、担っている事がほとんどなのです。

ルールも含めて身体の使い方や負荷の掛かる所は、経験者がよく分かっているので、その人に聞くのが「正解!」だと、これが常識となっています。

でも、本当にそうなのでしょうか?

マラソン等の陸上競技は、「走る」なのですが、「歩く」事ができなければ、当然、走る事も出来ません。人間の基本動作は、この「歩く」事なのです。

又、身体は、下半身の延長線上に上半身があり、上下のバランスから成り立っているのです。ここから、身体を屈めたり・捻ったり・反ったりと更に、手や腕を挙げたり・廻したり・伸ばしたりする動作に繋がり、初めてそのスポーツの動きが出来るのです。

例えば、ピッチャーならば、投球ホームは個々人で動作は違うので、オーバユースで肩や肘を痛めたとしても、実はその人の身体の使い方が在って、そこに「ピッチング」と言う限定された動きの負荷が、上乗せで現しているのです。

別に、これは野球に限った事だけではありません。全てのスポーツに通じる事なのです。

スランプ脱出にも!

また、変化球やフォーム改造などの技や技法等の新しい事に挑戦し、自分を高める事をする時は、まず身体が、本来の動きを認識している状態である事をお勧めしておきます。

これは、特にスランプに陥った時に素早く戻せる事が出来るのです。

例えば、変化球を練習して行くうちに、ストレートの球速が落ちてしまい、もとに戻らなくなってしまった。またこの逆もあるかと思いますが、本来の動きが解っていれば、すぐに戻す事に時間は、掛からないのです。

選手は、身体に違和感などの何か変調を感じた時にこそ、しっかりと調整し本来の状態に戻しておけば、大きな怪我に繋がる事が高い確率で抑える事が出来るのです。

自分本来の身体の状態を知る事で、そこからベースアップを図る事ができここから初めて、パフォーマンス向上に繋げる事が出来るのです。

これが、私が思う本来の「トレーナーの役目」なのです。

怪我からの後遺症も含め早期回復は、もちろんの事、今以上のパフォーマンスを求めたい方、スランプで悩んでいる方、また抱えているトレーナーの治療方法に疑問をお持ちの方、

一度、当院の治療を受けてみて下さい。ご相談お待ちしております。