身体の診方・捉え方

東洋医学の診方で身体を捉える


人の身体のすべては、脳がコントロールしています。

手足を動かすのも、心臓・呼吸もすべて身体の機能は、コントロールされていのです。ここには当然の事ながら、エネルギーが必要なのです。しかし、このエネルギーは無限ではないのです。

例えば、100のエネルギーがあるとすれば、この100のエネルギーの中で脳が統括し、配分をやり繰りしているのです。

エネルギーを回す優先順位がある。

それは、心臓や肺などの内臓系は、エネルギーが無ければ即、命の危機に直結してしまうので、最優先で可動エネルギーを確保するのです。

しかし、痛みや痺れなどの症状があっても生命の危機には、至らないのです。

では、何故、痛みをコントロールする所まで、エネルギーが回らないのでしょう?

それは、身体の何処かで浪費していると云う事なのです。

浪費している所

その答えの一つは、「差」。

脊柱の傾きや筋肉の張り方の左右差が大きければ、大きい程、バランス取るのにエネルギーが必要となるのです。

又、中心から遠い部分の手足の動きにも、左右差があれば、これもエネルギーの浪費となるのです。

そして、二つ目が「筋肉と関節」。

筋肉は、疲労を起こすと強直し固まる特質があります。更に、筋肉は関節を跨いでいるので、収縮する事で関節自体を締め上げ、関節の可動域の制限を起こしてしまうのです。

硬いものを動かすには、多くのエネルギーが必要となるので、過剰浪費となるのです。


身体は、常にエコモード

身体は、不測の事態に備えて必ずエネルギーには、余剰分が有るのです。つまりは、100あるエネルギーは、100全てを使い切る事はないのです。必ず、20・30とエネルギーを余らせて、70・80で身体機能の安定にやり繰りしているのです。

不測の事態とは?

いつ怪我するか分らないので、怪我した時に最優先で、エネルギーを回す為のものなのです。例えば、調理中に指を切ってしまったら、そこからばい菌等が入って、生命に関わる状況になるかも知れないその時に、エネルギーを宛て止血作業に入り修復へとなるのです。


治癒能力や免疫力を高めるには?

脳は、身体を常に快適な状態に、保とうとしているので、
余剰分のエネルギーは、身体を修復する方に必ず回すので、
必然的に痛みや痺れなどをコントロールできるようになるのです。

つまり、余剰分があれば有るほど、細胞の活性化は、高まるのです。
東洋医学の「未病を治す。」とは、こういう事なのです。

人は自ら病気を作って自ら治す。

これに即して、治療は身体と各筋肉や関節がしなやかで、最低限のエネルギーで動かす事が出来る様に仕向けるのです。

これが自己治癒能力を無理なく最大限に引き出す方法となるのです。